結婚式を挙げるかお悩みの方へ

近年、入籍はしたものの、結婚式を挙げない「ナシ婚」カップルが増えてきています。

「ナシ婚」を選んだ3大理由

結婚式でお金を使うよりは、今後の生活や新婚旅行にそのお金を回したい人や彼の(二人)の経済事情を知っていて「結婚式を挙げたい」と言い出せない女性も多いようです。

体調や金銭面など現実的な理由もあり、授かり婚の場合、入籍だけで済ませたというカップルが多いのが実情です。

めんどくさいし恥ずかしい、形にとらわれるのが嫌だから「ナシ婚」を選択したという人が多いようです。

しかし・・・「ナシ婚」を選んだカップルのうち、7割強のカップルが後々後悔していることをご存知ですか?
また、本人たちだけでなく親御さんも後悔の気持ちを感じている方が多いことも分かっています。

「ナシ婚」を後悔する理由

  • 本人は披露宴・結婚式の準備などの話し合いが面倒くさいとか言って避けてきたが、親としては結婚式を挙げてこそその親の務めが終わると思っていた。
  • 以前から花嫁の父としてバージンロードを歩くことを楽しみにしていた。
  • ウエディングドレスを着た姿を見たかった。
  • 身内だけでもいいから小さな挙式をしてほしかった。
  • 一生に一回の事だから。
  • 記念として記憶しておきたかったから。
  • 結婚式を挙げて親戚・知人に披露したかった。
  • 子供が一人前になり、親から独立する晴れ姿を見たかった。
  • 孫が大きく育ってから、記念写真が無いのは、寂しいから。
  • みんなに祝福されて新しい人生をはじめさせたかった。
結婚式を挙げてほしいと思っている親の半数以上は、その気持ちを直接子供たちに伝えていないという実情も明らかになっています。

※ぐるなびウエディング提供

年齢を重ねていくうちに“結婚式”に触れる機会が増えることで後悔の念も増加傾向にあるほか、「ナシ婚」本人たちがしている後悔しているだけでなく、自分やパートナーの親が「ナシ婚」を気にしているのではないか?と気にする方もいるようです。

どんな時に後悔する?

男性の回答

  • 結婚式の話題になった時、妻が結婚式をやりたかっただろうなと思うようになった。
  • テレビや友人・知人の結婚式や披露宴での花嫁のウエディングドレス姿を見たとき。
  • 毎年の誕生日の際に年齢を重ねていくにつれて。
  • 他人が結婚式のことをうれしそうに話すことを聞いて。
  • ウエディングドレスは女性の憧れだと思うので、一度は着せてあげたいと感じる時がある。
  • 様々な諸事情により式を挙げることが出来なかった点が、相手や相手の親に申し訳ないと思う。
  • 親に見せることができなかった。
  • ふとした瞬間に、妻が後悔しているのでは・・・と気になる。
  • 妻にウエディングドレスを着せてあげたかったから。
  • 妻に申し訳ないと思う。
  • 友人の結婚式に参加した際に友人に結婚式はしないのと聞かれた際。

女性の回答

  • 結婚式ってどんな感じと子供に聞かれたとき。
  • 歳を取るにつれ、幸せで若く綺麗だった瞬間を何かしらで残して置きたかったと思うようになってきた。 又、一度きりの人生なので一度は経験してみたかったと言う単純な思いもある。
  • 親が病気になり、結婚式くらいは見せてあげたかったなという気持ちがある。
  • やっぱり花嫁衣裳を着たかった。
  • 親に結婚式を見せてあげられなかったので。
  • ドレスなど見たときに若い時に写真だけでも撮っとくべきだったと思う。
  • 親戚周りが大変だったので、一同に集まれるから。

※ぐるなびウエディング提供

結婚式を挙げる、挙げないはそれぞれの考え方です。
「やりたくない」ものを無理にお勧めする事はできません。
しかし、「何かの事情」でやむなく断念されるのであれば、その「事情」をご相談ください。

聖ラファエル教会スタッフ一同

豪華な結婚式でなくていい。本当に大切な人たちとの記念に残る1日をご提案。